印刷の色合いを見るためにサンプル請求を

Tシャツ印刷

学園祭や、サークル活動、スポーツクラブなどでオリジナルプリントのTシャツを作る時どう言うところにオーダーしたらいいか悩みますよね。 今ではインターネットから注文出来る店も増えていますが、プリントする素材や印刷された時のプリントの色の出方など仕上がり感もわからないので困りますね。
そう言う時はサンプル請求出来る印刷業者に頼むのがいいでしょうね。
パソコンの画面で見ている色合いと実際の仕上がり感が変わっている時もあるのでサンプルをもらっていると安心ですね。
すぐに急ぎで欲しいと言う時以外はその様にした方がいいでしょう。
あと、ネット上で配置などデザインをシュミレーション出来るとより完成品のイメージしやすくていいですね。
Tシャツの生地はやはりいい素材を使っていると高くなりますね。
お気に入りの素材がある場合はそれを使ったらいいでしょうが、ない場合は安い生地でもいいでしょうね。
案外安くても持ちのいい生地もあったりするので、バジェットカットをするにはいいのではないでしょうか。
あとはオプションで1枚1枚ビニールの袋にTシャツを入れてくれるところもありますね。
せっかく仕上がったTシャツを汚さないためには袋に入っていたらいいですね。

Tシャツの印刷イメージ

Tシャツの印刷方法の種類ですが、大きく分けてシルクプリント、インクジェットプリント、転写などがあります。
この中でシルクプリントが1番定番ですね。
生地に直接インクをプリントして行く印刷方法なのですが、細かな表現もしやすいので、いろいろ応用が効くと言うことでこのシルクプリントが定番なのでしょうね。
ナイロン系の素材までプリントできますが、ポリエステルなどのドライ系のプリントにはあまり適さないようです。

インクジェットプリントは生地にインクを吹きかけて印刷します。
製版代が不要なので、安価でTシャツを作りたい時にはこのプリントがいいのではないでしょうか。
ただ綿100%でないと色移りがしやすいので注意が必要です。

転写ですが、この印刷には特殊なシートを使用します。
写真やグラデーションなどに適していると言われています。

一般的なシルクプリントか製版が不要のインクジェットプリント、または特殊な転写などがありますがこの仕上がりも貰えるならサンプルをもらって比べてみるのはどうでしょうか。
是非、オリジナルTシャツに役立てて下さい。