データ入稿とは

印刷にはデータ入稿と呼ばれる作業があります。
これは、コンピューター上で作成したデータを印刷で出力するうえでの誤差をなくすための作業です。
入稿するためのデータを作成するにはいくつかの注意点がありますが、とくに必ず行っていないと印刷ができなくなるという点が2つあります。

2つある注意点は「塗りたし処理」と「トンボ」の作成です。

塗りたし処理

塗りたし処理
印刷物を作成するとき、印刷する用紙全体に地色や地紋を敷いたり、写真などの紙の端まで画像を入れたい場合は、仕上がりのサイズよりも地色や画像をはみ出してレイアウトをする必要があり、この処理を塗りたし処理とよびます。
印刷時に発生するズレや、紙の伸縮など様々な理由によって印刷の位置がズレた場合に紙に余白部分が出来ないようにするための処置として必要な作業です。
一般的には塗りたし処理は3mm幅に設定をしてデータ作成をします。

断裁のイメージ

トンボ
トンボとは仕上がりのサイズの角と各辺の中心を取るためにマークを入れることです。
各角に入れるトンボは、塗りたし幅と仕上がりのサイズを示しています。各辺の中心を示すトンボは、印刷をするときに、インキが刷り重ねられるので、そのときに位置ズレが出ないようにするための調整に使われる印になります。

このように、印刷では最終的な仕上がりサイズよりも大きな紙に、塗りたし処理、トンボなどの情報を一緒に印刷する必要があります。
印刷が終わったあとは、不要な部分を裁ち落とし、仕上げ加工をします。
印刷機は使用できる紙で分けると、ロール状の紙を使用する輪転機とカットされた紙を使用する杖葉機があります。

面付け

家庭用プリンターで機種によって使用できる用紙サイズが異なるように、印刷機の種類によっても使用できる紙のサイズは異なります。
効率を考えて印刷をする場合には、印刷機で使用できる紙の最大サイズにあわせて、一枚の紙に出来るだけたくさんのドキュメントをレイアウトします。
たとえば仕上がりがA5サイズの印刷物を数千枚と印刷する場合に、B5サイズの紙に印刷するのとB4サイズに2つのドキュメントをならべて印刷するのとでは、印刷にかかる時間は大きくことなります。

このように一枚の紙から効率よく印刷が行えるように、複数のドキュメントをレイアウトすることを面付けといいます。
塗りたし処理やトンボを含めて面付けを行う場合は余白を考慮する必要があります。