様々な印刷の加工法

印刷は文字やイラスト、画像などを転写する技術として幅広く普及していますが、あわせて加工を行う印刷物も存在し、その需要は大きいです。

印刷に施される加工の方法にはいくつか種類があります。

表面を加工するものは、素材を保護する目的をもっています。

張り加工イメージ

貼り加工
PP(ポリプロピレン)フィルムに接着材を塗り、熱で乾燥したあと紙とフィルムを圧着して張り合わせます。
湿度に強く強度も増す加工で、片面や両面に施されます。
完全な耐水ではないので、少し注意が必要です。
フィルム自体に手触りの変わる加工や、光で反射するホログラムを施す加工を合わせた貼加工もあります。
その他にもPETフィルムやUVコーティングなどの表面に艶を与える加工があります。

折り加工イメージ

折り加工
折り加工には多彩な折りパターンが存在し、その中から選んで山折、谷折りの加工を施します。
厚みのある紙ではスジ入れや紙割れ防止の為の加工を合わせておこないます。

特殊加工イメージ

特殊加工
紙に折り目をつけたり、穴をあけたりすることが出来ます。
スジ入れ、ミシン入れ、孔開け、角丸、エンボスなどさまざまな加工技術が存在しています。

さらに特殊な加工としては、トムソンと呼ばれる型抜きやレーザーカットのカット加工があります。
 トムソンは、抜き型を作成して紙に穴をあけたり、様々な形に抜く加工です。ベニヤや樹脂でできた板に溝を施し刃物を埋めたもので、印刷物の型抜きを施します。
 レーザーカットはレーザーを使用して紙を削ったりカットする方法で、「紙の彫刻」と言われています。
形に合わせて切断したり、紙の半分の厚みまで堀り、模様をつけることができます。
抜き型を必要とせず、型抜きと比べ微細な形の加工が行う事が出来る方法です。

こういった技術の発展から、印刷の需要が支えられている側面は大きいといえます。
名刺やフライヤー、ポップなど手作りではなかなか表現できないデザインも実現することを可能にしてくれますね。