用紙ごとのサイズの違い

印刷などに使われる用紙には決まったサイズがあります。
一般的にはコピー用紙などで、A4サイズやB5サイズなどがよく使われていますね。
紙のサイズは工業規格によって標準化されたものが用いられ、いくつかの種類があり、サイズの系統には、A判、B判、四六判、菊判などがあります。

A判は国際標準にもなっているサイズで、ドイツの物理学者によって19世紀末頃に提案されたものが広まりました。
面積1平方メートルで縦横比が1:√2のものを基準のA0とし、どこまで半分にしても同じ比率の長方形となります。
この比率を白銀比といい、裁断をする上でも無駄が無く効率的であることから、古来より好まれて来たそうです。

A判の縦横のサイズ

  • A0 841mm×1189mm
  • A1 594mm× 841mm
  • A2 420mm× 594mm
  • A3 297mm× 420mm
  • A4 210mm× 297mm
  • A5 148mm× 210mm
  • A6 105mm× 148mm
  • A7  74mm× 105mm
  • A8  54mm×  74mm

A判サイズ

日本では、江戸時代より公用紙として普及していた美濃紙というものがあります。
B判はこの美濃紙に由来しているといわれ、JIS規格では1,5平方メートルのもので同じく白銀比の長方形のものをB0とし、基準とされています。
海外でのB判とは少しサイズが異なり区別されています。

JIS規格のB判の縦横のサイズ

  • B0 1030mm×1456mm
  • B1  728mm×1030mm
  • B2  515mm× 728mm
  • B3  368mm× 515mm
  • B4  257mm× 364mm
  • B5  182mm× 257mm
  • B6  128mm× 182mm
  • B7   91mm× 128mm
  • B8   64mm×  91mm

B判サイズ

四六判は788mm×1091mmの大きさで、この原紙を32に裁断された130mmx180mmのサイズが書籍の寸法として用いられる事が多いです。また、紙の厚みを計る際に、四六判サイズの用紙1000枚の重さを基準にkg単位で標示されます。

菊判はサイズが636mmx939mmで、明治時代の中頃にアメリカから輸入した紙の寸法から由来しているそうです。
その輸入紙の商標が菊の花に似ていたことから菊判と呼ばれるようになりました。
当初は新聞用紙の寸法として用いられていましたが、現在では4分の1や2分の1の大きさで書籍や雑誌にも使われています。